かばん屋おすすめ!激安で高品質なランドセルランキング

近年はランドセルにも高額化の波が押し寄せてきています。祖父母から孫へのプレゼントとなるケースも多く、高額商品に売れ筋が移ってきています。

ランドセルは、6年間使うものだからとお財布の紐が緩みがちなのか、4万円台が売れ筋となっている珍しい高価格志向の商品です。新たに新一年生を迎えるにあたって、子供にみすぼらしい思いをさせたくないと、一定以上の価格のものを選択するご家庭が多いようです。

確かに6年間使うものですので、一時の節約で安っぽいものを購入することはおすすめできませんが、値段を抑えつつ一定水準以上の品質が確保された商品を選べば、豪華な装飾を除けば性能は高価なランドセルとあまり変わりません。日本製や高い質感やこだわりの作りなどを諦めれば、実際に使う分には安価なランドセルでも問題はありません。

1回購入すれば6年間使うものですので、お子さんも胸を張って通学できるように、ある程度の価格帯の商品をおすすめしていますが、お金を掛けたくないということであれば実用上は安い商品でも全く問題ありません。

ここでは非常に安価ながら、一定以上の水準の品質を確保した、非常にお買い得なランドセルについてご紹介いたします。

安価なランドセル(1,2万円台~)・・・質感などを求めないコスト重視の方は

某国内大手メーカーが数量限定で製造しているリーズナブルなランドセルです。工場の閑散期に数量限定で製造しているため、時期によっては売り切れになっています。メーカー名を出さずにオリビエというブランド名で販売されていますが、品質的には国内大手メーカーの基準で作られているので過不足ありません。もちろん装飾は最小限でシンプルナデザインなので高級感や質感の演出まで期待する事はできませんが、基本性能は高い製品にも劣りません。もちろん国内工場でい製造された日本製です。安く良い物を希望されるならかなりオススメです。

●国内大手メーカーの日本製ランドセルがこの値段で手に入る!

●肩ベルトにはサイドまでクッション材が入りふわふわの背負い心地
●クラレのクラリーノを素材として使用
●A4クリアファイル、A4フラットファイル共に入ります。


ニトリのランドセルのベーシックモデルです。ランドセルという商品は今どき珍しく、多くのメーカー品が国産ですが、ニトリのランドセルは中国製です。その分、非常に安価な値段となっていて、20000万円少々から用意されています。ニトリブランドを背負っているので、最低限機能的に問題があることはありません。安いランドセルを選ぶなら第一候補になりそうです。

●有名企業のランドセルとしてはトップクラスの安さ

●肩ベルトに2層ウレタン素材のダブルクッションベルトが入り負担を軽減
●傷に強いテイジンのタフガードライトを素材として使用
●A4クリアファイル、A4フラットファイル共に入ります。


安価なランドセル(1,2万円台~)・・・質感などを求めないコスト重視の方は

某国内大手メーカーが数量限定で製造しているリーズナブルなランドセルです。工場の閑散期に数量限定で製造しているため、時期によっては売り切れになっています。メーカー名を出さずにオリビエというブランド名で販売されていますが、品質的には国内大手メーカーの基準で作られているので過不足ありません。もちろん装飾は最小限でシンプルナデザインなので高級感や質感の演出まで期待する事はできませんが、基本性能は高い製品にも劣りません。もちろん国内工場でい製造された日本製です。安く良い物を希望されるならかなりオススメです。

●国内大手メーカーの日本製ランドセルがこの値段で手に入る!

●肩ベルトにはサイドまでクッション材が入りふわふわの背負い心地
●クラレのクラリーノを素材として使用
●A4クリアファイル、A4フラットファイル共に入ります。


ニトリのランドセルのベーシックモデルです。ランドセルという商品は今どき珍しく、多くのメーカー品が国産ですが、ニトリのランドセルは中国製です。その分、非常に安価な値段となっていて、20000万円少々から用意されています。ニトリブランドを背負っているので、最低限機能的に問題があることはありません。安いランドセルを選ぶなら第一候補になりそうです。

●有名企業のランドセルとしてはトップクラスの安さ

●肩ベルトに2層ウレタン素材のダブルクッションベルトが入り負担を軽減
●傷に強いテイジンのタフガードライトを素材として使用
●A4クリアファイル、A4フラットファイル共に入ります。


この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!