牛革のランドセル

牛革は、ランドセルに使われる素材の中ではおなじみの素材です。

クラリーノなどの人工皮革が、ランドセル素材の主流になる前は、
牛革のランドセルが一般的であったように思います。

今日では、機能性の面ではクラリーノなどの合成皮革に敵いませんが、
やはり天然皮革ならではの質感は、人工の皮革には出せません。

他よりちょっと良い物を持たせたいという親御さんには根強い人気があります。

とはいえ、もはや、販売個数の9割上は人工皮革のランドセルになってきていますが。

素材の特徴

牛革は天然の皮革ですので、水に弱い点は注意が必要です。
当然、なめしの過程や、表面加工である程度の防水処理はしてあると思いますので、
過度な心配は必要ありませんが、濡れたら拭くくらいのことはしていきたいものです。

簡単に壊れたり傷んだりはしませんが、
やはり人工皮革よりは傷がつきやすいので、なるべく丁寧に扱いましょう。

また、クラリーノなどの軽量の合成皮革よりは重さがあります。
天然の皮革のランドセルは少々重量があることは考えておく必要があります。

牛革はごくありふれた一般的な皮革とはいえ、やはりクラリーノなどの合成皮革とはわけが違います。

天然皮革の持つ風合いは、やはり合成皮革には真似のできない質感です。

ちょっといいランドセルを持たせたいと思ったら、天然皮革で比較的求めやすい牛革はお勧めです。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!