ランドセルの値段と性能について

ランドセルは、1万円台の商品から、10万円を超える商品までありますが、
いったいどの価格帯の商品を購入するのが良いのでしょうか。
一概に値段によって性能が決まるわけではありませんが、だいたい値段帯によって製品のクラスというものがあります。
どのクラスの商品を購入するのか予算とも相談して決めましょう。
6年間使うものですし、子供にあまりみすぼらしい物を持たせるのもどうかと思いますので、
ある程度の価格のものがお勧めですが、高過ぎるものを購入する必要もありません。

性能と質と値段を見て、総合的に良さそうなものを選ぶことが重要です。

1万円以下

ランドセルで1万円以下という商品は一般の小売店ではまず見かけませんが、
ネットショップには信じがたいことに1万円以下のノンブランドのランドセルが売られていたりします。
おそらく中国製で、極限まで安い素材を使って、工程数も減らして作っているのでしょう。

さすがに物には適正な値段というものがあります。
1万円以下のランドセルが6年間の使用に耐え、みすぼらしくない質感を保てるのか少々疑問です。
6年間使うものですし、子供に惨めな思いをさせることにもなりかねませんので、避けたいところです。
ランドセルがみすぼらしくてイジメにつながったら、これほど馬鹿げたことはありません。

1万円台~

デフレの時代、ランドセルも非常に安いものが出てきていて、1万円台の商品も出ています。

代表的なものとしてはニトリのランドセルがあります。
ランドセルは、メーカー品やブライベートブランドなども日本製がほとんどですが、ニトリは中国製です。
もちろん日本企業が監修して中国で生産していますので、品質にそれほど問題があることは考えられません。
どうしても安いものを希望して、最低限の品質があれば問題無いということでしたら、このあたりのクラスがお勧めです。

3万円台~

国内の大手ランドセルメーカーのメイン価格帯が3万円~6万円程度になります。
イオンやセブン&アイなど大手流通のプライベートブランドも、大手メーカーがOEM供給しており、
この辺りの価格帯になります。
様々な商品が海外生産に移る中、ランドセルは多くが国内製造されている貴重な製品です。
このくらいの価格帯の大手メーカー製なら国内生産品ですので、安心のクオリティです。
安いものを選びがちですが、6年間使うものですので、なるべくこのくらいのクラスの商品を選びたいものです。

少し前までは安いランドセルが売れ筋でしたが、最近は4万円台のランドセルが一番のボリュームゾーンになりつつなります。
少子化で一人の子供にかけるお金が増えているのと、少し景気が良くなってきたので、平均価格帯も上がってきているようです。

5万円台~

大手メーカー製の中でもいくつかの価格帯のグレードが有り、最上位のグレードの価格帯は5万円~8万円程度になります。
正直なところ、価格が上がっても価格差ほど性能が上がることはありませんが、
メーカーも差別化のために質感やデザインをよりグレードアップさせているので、確かに見栄えは良いです。
少しでも良い物を持たせたい、という親の見栄で選んでいるケースが多い印象があります。
大手メーカー製であれば下のクラスの価格帯のランドセルで十分だと思いますが、お財布に余裕があれば高級品を選ぶのもよいでしょう。
何しろ6年間毎日使うものですから、少し良い物を持つのも悪くない選択です。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!